TOPページ > FXテクニカル分析の基礎「トレンドを見ながら売買時機を計るMACD」

FXテクニカル分析の基礎

「トレンドを見ながら売買時機を計るMACD」

MACD(マックディー)は、数学的に加工した移動平均線の動きに注目して、売買のポイントを探るテクニカル指標です。

オシレーター系のテクニカル指標ですが、算出の元になっているのは移動平均のため、トレンド系指標としての性格も併せ持っています。

この指標は、「MACD」と「シグナル」という2本のラインで構成されます。

売買タイミングは、「MACD」と「シグナル」の位置関係で判断する方法と、ゼロの目盛り(0ライン)とMACDの関係で判断する方法があり、それらの見方は以下のとおりです。

・買いシグナルは、「MACDがシグナルを下から上に抜いたとき(ゴールデンクロス)」、「MACDが0ラインを上に抜けたとき」です。

・売リシグナルは、「MACDがシグナルを上から下に抜いたとき(デッドクロス)」、「MACDが0ラインを下に抜けたとき」です。

まずはこの見方を覚えるようにしましょう。

参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較ランキング

FXテクニカル分析の基礎

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXテクニカル分析の基礎

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP