TOPページ > FXテクニカル分析の基礎「チャート上のラインでトレンドや上値下値が見える」

FXテクニカル分析の基礎

「チャート上のラインでトレンドや上値下値が見える」

チャート上にトレンドラインを引くとトレンドがより明確になります。

その引き方は、ローソク足を表示させて、高値と高値または、安値と安値を結びます。

FX業者が用意するチャートソフトには、たいていチャート上に自由にラインを引ける機能が実装されているので、これを利用すれば簡単です。

その線を見て、右肩上がりなら「上昇トレンド」、右肩下がりなら「下降トレンド」、ほぼ横ばい状態なら「ボックス相場」と判断できます。

上昇(下降)トレンド時は、安値と安値(高値と高値)を結んだ線がトレンドラインです。このラインの付近では値が反発しやすく、売買の目安になります。

その逆の高値と高値(安値と安値)を結んだ線も上値(下値)の目安となり、相場はこの2本の線の間で上下動を繰り返し、上昇・下落する性質があります。

これらのラインを抜けてレンジブレイクすると、トレンドが変わる傾向が強くなります。レンジブレイクは、その意味で要注目です。

参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較ランキング

FXテクニカル分析の基礎

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXテクニカル分析の基礎

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP