TOPページ > FXテクニカル分析の基礎「相場のトレンドがわかる移動平均線」

FXテクニカル分析の基礎

「相場のトレンドがわかる移動平均線」

移動平均線は、過去一定期間の終値の平均値を結んだ線です。

たとえば「5時間移動平均線」の場合、現在から5時間前までの1時間ごとの終値を足して、5で割った値が現在の値となります。

5時間移動平均線だけでなく、25時間、50時間、75時間など期間が異なるものや、単位が「分」「日」「週」「月」など、さまざまな期間の移動平均線があります。

また、複数の移動平均線を表示したときは、期間の短いものは「短期線」、長いものは「中期線」「長期線」と呼ぶこともあります。

この移動平均線の傾きを見れば、相場のトレンドが見えてきます。

複数の移動平均線を表示させたときに、短期線が上向きなら「短期的には上昇トレンド」、長期線が下降していれば「長期的には下降トレンド」と判断します。

期間の異なる移動平均線を比べると、長期線は直近の相場の動きを反映するまでに時間がかかるので、ローソク足が上昇してもすぐには上向きません。

一方、短期線は反応が早いため、上下の波が激しくなります。

参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較ランキング

FXテクニカル分析の基礎

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXテクニカル分析の基礎

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP