TOPページ > FXテクニカル分析の基礎「テクニカル分析にはトレンド系とオシレーター系が」

FXテクニカル分析の基礎

「テクニカル分析にはトレンド系とオシレーター系が」

テクニカル分析の指標には、「トレンド系」と「オシレーター系」というふたつの系統があります。

トレンド系指標は、その名のとおリ相場のトレンドを知リ、相場の方向性を見るのに役立つもので、ローソク足や移動平均線などがこれにあたります。

一方、オシレーター系指標は、相場の転換点を見るため、「買われすぎ」「売られすぎ」をチェックするのに使われます。つまり買われすぎたときは「売り」、売られすぎたときは「買い」と判断します。

代表的なものは、RSI、MACD、ボリンジャーバンド、ストキャスティクスなどです。

オシレーター系指標は、数が多く、それぞれに長所・短所があるので自分に合うものを探しましよう。

初心者は、まずはローソク足を表示させたチャートに、トレンドラインを引いてトレンドを見きわめ、オシレーター系で相場の転換点を探るという使い方がオススメです。

参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較ランキング

FXテクニカル分析の基礎

トップページ
2019年10月のFX比較口コミランキング
2019年10月のFX比較まとめ
FXテクニカル分析の基礎

目次

トップページ
2019年10月のFX比較口コミランキング
2019年10月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP