TOPページ > FXトレーダー体験談「サラリーマンBさん/6.スキャルピングの基本形」

FXトレーダー体験談

「サラリーマンBさん/6.スキャルピングの基本形」

こちらのコラムではFXトレーダーの体験談をご紹介していきます。

・サラリーマンBさん/6.スキャルピングの基本形

そんなあるとき、スキャルピングで稼いでいるFXトレーダー「爺ぽじさん」のプログを拝見し、そこから自分もスキャルピングをやってみようと考えました。その方はスキャルピングの世界では「超」がいくつもつくような有名人で、プログにはエントリーしたポイントも書かれていました。

そこで、その方のエントリーポイントを見ながら、実際のチャートと照らし合わせたうえで、どうしてここでエントリーしたのか、なぜここで利確・損切りを行なったのか、ということを考えながら、徹底的にその方のトレードの研究をしたうえで、スキャルピングを実行に移しました。

その結果、見えてきたのは、スキャルピングの基本形のようなものでした。

それは、レートが跳ねてブレークした後に逆張りで入るという形です。ブレークして跳ねれば、いったんリバウンドが入ります。このリバウンドを取りにいくのです。

ここから自分のトレードスタイルが変わりました。値幅の研究をしていたときは、あくまでも10銭、20銭という形式的な値幅にこだわり、その動きをした後のリバウンドがどのくらいになるのか、という点を基準にして値動きを追いかけていましたが、スキャルピングの基本形らしきものになると、形式的な値幅は関係なく、スピードとタイミングが重要になってきます。レートが上昇するというよりも、ヒュッと跳ねるイメージです。

このイメージができるようになってから、FXのトレードで利益が出るようになりました。それが2013年のことで、アベノミクスの影響もあって米ドル/円で86円台から105円台まで米ドル高/円安が進むなど、方向性がつかみやすくなったことに加え、各FX会社がスプレッドを0.3pipsくらいに縮小してきたため、スキャルピングのような超短期で小さい値幅を狙いにいくトレードでも、十分に利益が乗るようになってきたのです。

2013年当時に取引していたFX会社では勝率がきちんと計算されていて、それを見たところ77%でした。この1年間で5,000万円の利益を上げています。結局、スキャルピングといっても、このようにトレンドが出ているときのほうが、収益は上がりやすいということです。

(続く)

参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較はこちら

FXトレーダー体験談

トップページ
2020年5月のFX比較口コミランキング
2020年5月のFX比較まとめ
FXトレーダー体験談

目次

トップページ
2020年5月のFX比較口コミランキング
2020年5月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP