TOPページ > FXトレーダー体験談「サラリーマンBさん/5.データを集めて研究したが」

FXトレーダー体験談

「サラリーマンBさん/5.データを集めて研究したが」

こちらのコラムではFXトレーダーの体験談をご紹介していきます。

・サラリーマンBさん/5.データを集めて研究したが

FXのトレードを始めたときの元金は16万円でした。この16万円は当時の私にとって、ほぽ全財産でした。

これで1年半くらいトレードした結果は、増えもしなければ減りもしないというものでしたが、この1年半は決して無駄な時間ではありませんでした。

というのも、この間にいろいろと試行錯誤を繰り返すことができたからです。この頃は、将来、ワンショットで100枚を打てるようなトレーダーになろうと考えていたので、たとえ負けたとしても、とにかく経験だと考えるようにしてトレードに臨んでいました。

この間、具体的に何をしていたのかというと、ひたすらデータを集めて、値動きを研究していました。たとえば上昇トレンドだったら、何銭下がったときに、リバウンド狙いでエントリーしたらいいのかを探すのです。

10銭下がったときに10銭リバウンドするのか、それともさらに下げるのかといったことを、20銭の場合だとどうなるのか、30銭の場合だとどうなるのかというように、さまざまな局面のデータを集めました。たしか、10銭刻みで70銭くらいまで計算したと思います。

あるいは、リバウンドで10銭幅を取るためには、何銭下がったときにエントリーするのが、最も期待値が高くなるのか、ということも計算しました。

ただ、こうしたシミュレーションをべースにしてトレードをする場合、いかに新鮮なデータを使って、素早く実行するかが大きなポイントになってきます。

2012年にユーロが結構動いていたとき、ユーロ/円で14銭押したときにエントリーするとうまくいくというデー夕が出たものですから、それに沿ってトレードしてみたのですが、かなり短期間のうちに賞味期限切れになることがわかりました。

結局、こうしたデータを集めてトレードしようとしても、自分が見つけたものは、往々にして他の人も見ているものですから、優位性がすぐに失われてしまうのです。つまり、データで優位性を発見し、トレードするという手法だと、優位に立つためのデータを常に発見し続けなければならず、これを延々と続けていくのは無理だと結論づけました。

(続く)

参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較はこちら

FXトレーダー体験談

トップページ
2020年9月のFX比較口コミランキング
2020年9月のFX比較まとめ
FXトレーダー体験談

目次

トップページ
2020年9月のFX比較口コミランキング
2020年9月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP