TOPページ > 指標発表を利用したFX取引「FX取引の対象とすべきでない指標や、取引の注意点は?」 

指標発表を利用したFX取引

「対象とすべきでない指標や、取引の注意点は?」

このコラムでは各種経済指標の発表を利用したFX取引について解説します。

前回のコラムではどうした指標が、この指標発表を利用したFX取引に向くのかご案内しました。

>>>FX取引の対象とすべき指標発表とは?

今回は指標発表を利用したFX取引になじまない指標や、取引の注意点をご案内したいと思います。

指標発表前後の相場の動きが非常に神経質になったり、非常に大きく上下に動く指標発表があります。この状況でエントリーすると、どんなに逆指値をしっかり入れていても、決済されなかったり、エントリーがしっかり反映されなかったりと、とても不安定なトレードなってしまい、気がつけば一瞬で大きな損をしてしまう結果となります。

次に挙げる指標発表の前後は、様子を見ることをお勧めします。

具体的にはアメリカの雇用統計、ADP雇用統計、FOMC、アメリカ以外の政策金利発表等の前後です。

最近の傾向として、反応が小さい指標は、午前中のオーストラリアやニュージーランドの指標発表です。

とくに、最近は十五分足でのローソク足一本分しか動かないことが多いですので、注意が必要です。

さてこうした指標発表を利用したFX取引の留意点ですが、重要指標が発表されても、大きく動かないときがあります。

基本的には、指標発表の結果に大きな自信があるときは、勢いに関係なくエントリーしてよいと思います。

ですが、それ以外は、相場に勢いがついたと判断できたときしかエントリーしない方がよいでしょう。

また、市場で注目されている指標発表は時々で変化します。

当日は、いったい何の指標発表が市場で注目されているのか、各FX業者の指標発表スケジュールとは別に、FXブログなどでもしっかりと確認してください。

参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>最新のFX比較ランキングはこちら

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP