TOPページ > FXの基礎知識「FX業者の選択が重要!」

FXの基礎知識

「FX業者の選択が重要!」

改正金融先物取引法によりFXの取引業者が金融庁の登録制になるまでは、規制する法律がなかったこともあり、300以上の業者が乱立していました。このため、一部の業者が詐欺まがいの行為を行ったり、強引な勧誘で口座を開かせるといったトラブルが多数見受けられました。

また、基本的にハイリスク・ハイリターンであるのに、リスクの説明がきちんと行われてないというケースも多く見受けられました。

こうしたトラブルによって業界全体の信用度が下がり、一般の投資家の人達に「FXって胡散臭いのでは?」と思われていた面もあったようです。しかし、法律が執行されたことで、こうした悪徳業者や財務上脆弱な業者などが排除されたため、投資家にとってかなり安心できる状態が出来上がってきました。

それでも、業者選びは依然重要なポイントです。では、取引業者を選ぶ場合、どんな点に気をつければいいのでしょうか?

まず当然のことですが、金融庁にきちんと登録された業者を選ぶべきです。金融庁に登録がすむと、会社のホームページなどに登録番号が記載されているはずです。

しかし、登録業者ならどこでもいいのかというと、そんなことはありません。手数料、必要証拠金額などの商品内容、システムの使いやすさ、情報の豊富さなどは業者によって千差万別です。

その中でも、まずチェックしたのが「信用リスク」です。最低資本金や自己資本規制比率などをクリアしたといっても、銀行などと比べると財務上脆弱な業者がほとんどです。財務情報などのIR情報がきちんと公開されているかをチェックし、健全性を確かめましょう。

また、「信託分離」をしっかり行っている業者はさらに安心です。顧客から預かった資金を信託銀行に分離して保管することで、一般の債権・責務から切り離し、万が一倒産した場合でもその分は顧客に返すことができるという信託分離保管は、コストが結構かかるので、すべての業者が採用しているわけではありません。

そのため、こうした顧客保護に力を入れている姿勢自体、信頼性が高く好感が持てます。万が一の時の備えという意味でも、これは業者選びの大きなポイントになります。

次に、商品内容です。「取引にかかる手数料はいくらか?」「最低取引金額はいくらか?」「取引に必要な証拠金額はいくらか?」「出入金などがスムーズか?」などをチェックしましょう。手数料など安いに越したことありませんが、それだけで決めるのは危険です。

為替情報や会社としての安定性などの付加価値があれば、ある程度高い手数料を払う価値はあるかもしれません。もちろん、手数料が安いから情報や安定性が低いわけでもありません。

なお、長期的にポジションを維持したいのであれば、スワップポイントの水準もチェックが必要です。

最後に、大きなポイントになるのが上記の通り「システムの使いやすさ」です。なるべくシンプルで自分にとって使いやすい取引システムを選びたいものです。

業者によっては、仮想取引(デモトレード)の場を提供している所もありますので、これらを利用してシステムの使い勝手を色々試してみるのもいいですね。参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>最新のFX比較口コミランキングはこちら

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP