TOPページ > FXの基礎知識「そもそも・・・外国為替ってなに?」

FXの基礎知識

「そもそも・・・外国為替ってなに?」

最近、注目を集めるFX(外国為替証拠金取引)。FX以外にも、銀行で扱う外貨預金や証券会社で扱う外貨建てMMFなど、「外国為替取引」を利用した外貨投資の人気が高まってきています。

ではそもそも、この「外国為替」っていったい何でしょう?

日本では円が使われているように、米国ではドル、西ヨーロッパの多くの国ではユーロというように、各国によって使われている通貨はまちまちです。

例えば、パリに旅行に行ったとします。円のままでは買い物ができませんから、空港や銀行で、円をユーロに両替します。また、旅行が終わって日本に帰国し、持ってきたユーロを日本の銀行で円に戻したりもします。

このように、異なる二つの通貨を交換(両替)することを「外国為替取引」と言い、その交換レートを決める市場のことを「外国為替市場」と言います。

通貨の交換が行われるのは、旅行の時ばかりではありません。

企業が海外で物を売って得た現地の通貨を円に交換したり、海外の高い金利を狙って個人が外貨預金を行ったりと、企業、個人を問わず、世界中の色々な場所で、様々な理由から通貨の交換が行われます。

そのため、外国為替市場は、月曜日から金曜日まで24時間休みなく働き、1日の取引が200兆円以上もある、世界でもっとも大きな金融市場の1つとなっています。

なお、本質的には交換なのですが、実際の取引にあたっては、ドルを受け取って円を支払う取引を「ドル円を買う」と言うように、売買で表すことが一般的です。特に理由はありませんが、そのほうが分かりやすいからです。

テレビのニュースなどでも、「今日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル115円50銭から55銭、昨日に比べて30銭の円安です」というような報道が毎日行われるほど、外国為替取引は、ポピュラーなものになっています。

ただし、この時気をつけたいのが、円高、円安という言葉です。

「今日の東京外国為替市場、午後5時の終値は1ドル115円50銭、昨日に比べて1円の円安です」というニュースを聞いたとします。円安なのだから、116円50銭から115円50銭に下がったのかなと思いがちですが、これは逆です。前日まで1ドル114円50銭だったものが、翌日、115円50銭になった場合は、「円安になった」という言い方をします。逆に、1ドル116円50銭から115円50銭になった場合は、「円高になった」ということです。

数字が増えたのに、安いという言い回しをしていることで、やや混乱してしまうかもしれません。これは、交換という考え方に戻ると分かりやすいでしょう。

昨日ならば1ドルと交換するのに、114円50銭持っていけばよかったけど、今日だと115円50銭かかる、すなわち、1円分価値が下がっている、だから円安というわけです。

参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>最新のFX比較口コミランキングはこちら

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP