TOPページ > FXの基礎知識「初心者はドル円から始めよう」

FXの基礎知識

「初心者はドル円から始めよう」

実際に、FX取引=外国為替証拠金取引をするにあたり、まず具体的に決めなければならないのが「どの通貨ペアで取引するか?」です。

ニュースなどでおなじみの、日本人にいちばん親しみの深いアメリカドル、欧州統一通貨として注目度が高いユーロ、高金利が魅力の英ポンドやオーストラリアドル。他にもスイスフランやカナダドル、はたまた最近話題の中国人民元。そして、我らが日本円など、世界中には様々な通貨が存在します。

通貨と通貨の交換といった場合、円との交換がまずピンと来ますが、外国為替証拠金取引で必ず円が絡む必要はありません。ユーロとドルのペア、オーストラリアドルとニュージーランドドルとのペアだっていいのです。様々な通貨の組み合わせが考えられる中、各通貨自体の特徴と組み合わせの特徴に合わせて、どの通貨ペアで取引するのかをまず決定する必要があります。

では、初めてFX=外国為替証拠金取引を行うという場合、どの通貨ペアを選ぶべきでしょうか?それは、やはり「ドル円」です。

いえ、初心者だけでなく、長く取引を行っている場合でも、基本となるのはドル円の動きになります。それはドルが世界の基軸通貨だからです。

まず第一に、世界の為替取引が、ドルを中心に行われているからです。世界中で行われる為替取引のなんと9割近くがドル絡みの取引であると言われています。

アメリカが世界経済の中心的役割を果たしているため、投資に関わるシーンだけでなく、貿易などに絡んだ実需と呼ばれる取引や、世界各国の中央銀行の外資準備などにおいても、ドルが基本となっているのです。

ニュースや発言なども米国発の注目度が最も高く、アメリカの金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)は、世界中の注目の的になっています。

ドル以外の通貨同士の取引シェアがあまりに低いため、一度に大量の金額の取引が行われる銀行間の市場では、ドル以外の通貨同士の取引を行う場合、いったんドルを介在させて取引されることが一般的になっているほどです。これは、どういうことかというと、ポンド円を買うといった場合に、ポンドと円を直接交換するのではなく、ポンド・ドル取引でポンド買いドル売り、ドル・円取引でドル買い円売りという具合に分けて取引を行い、二つを掛け合わせてポンド円のレートを出すといったことです。

このような状況なので、例えばポンド円の取引を行ったとしても、イギリスと日本という二カ国間の動きだけに注意を払うのではなく、米国で起こった材料について、ポンドドルやドル円でどのような反応が返ってくるのかなどにも注意する必要があります。そのため、単にドル円を見る時に比べて予想が複雑になりやすいのです。

参考になさってください。

論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>最新のFX比較口コミランキングはこちら

目次

トップページ
2019年10月のFX比較口コミランキング
2019年10月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP