TOPページ > FXの基礎知識「ファンダメンタル分析を活用しよう」

FXの基礎知識

「ファンダメンタル分析を活用しよう」

FX取引で利益をあげるために必要なことは、実際の取引における動きをいかに予測していくかという「分析能力」です。

為替市場の動きを予測するには、大きく分けて二つの方法があります。一つは、外国為替市場を取り巻く世界の経済状況などを分析し、今後の需給の流れを予測する「ファンダメンタル分析」。

もう一つが、過去の動きをチャートで表し、その動きを分析することで今後の展開を予測する「テクニカル分析」です。

取引スタイルによって、テクニカル分析をあまり重視しない投資家や、チャートだけを見て取引する投資家など片方に特化した極端な例もありますが、本来は片方だけを重視するようなものではなく、状況に応じて、両方の分析を生かすことが重要になってきます。

ファンダメンタル分析

まずは「ファンダメンタル分析」から見ていきましょう。為替レートを決定するものは、各国通貨の需給です。需給を生み出すものには、貿易、投資、旅行など数多くの事項がありますが、これらの状況を把握しその変化を予測することで、為替市場における各国通貨の需給の変化を見極めようと言うのがファンダメンタル分析です。

このように書くと難しそうですが、例えば、ゴールデンウィークに海外に行く人が今年は多いと言うニュースを聞いて、「海外旅行のためには外貨が必要だし、円売り、外資買いが進みそうだな」と考えることも、ファンダメンタル分析の一つです。

このほか、米国のクリスマス商戦が活況だというニュースを聞いて、「アメリカの景気がよさそうだな」とドル買いを意識したり、「ドイツのボーナス商戦が活況」という話になれば、ドイツ経済への好影響からユーロ買いを意識したりと、身の回りから世界各国に至るまで、色々な現象が為替に及ぼす影響を考えていくのが、ファンダメンタル分析の基本です。

株式市場の場合、投資銘柄の属する業界の状況など、ある意味特殊な知識が必要になりますが、外国為替市場の場合は、世界全体の経済状況をもとに相場が動いていきます。そのため、ごく一部でしか通用しない特殊な知識よりも、一般教養として、為替以外でも役立つ世界経済の知識が必要になります。これは、これからファンダメンタル分析を勉強していこうという投資家にとっては非常にありがたいことです。

もちろん、世界中の色々な事項が為替市場に影響を及ぼすといっても、その影響力には差があります。実際には、世界中の全ての状況について確認することは不可能ですので、為替市場と関係が深そうな項目に特に注意して、分析を行っていくことになります。

具体的には、最も世界中の資金需要に影響を与える各国の景気や金利動向などが分析の中心になります。

また、テロなどの突発的な事件や大統領選などの政治的な変化なども、その為替市場への影響を分析していくことが必要です。

実際の取引においては、現状を盛り込んだ上で現在の為替水準が成り立っているという前提のもとで、経済指標の発表、各国政府や中央銀行の要人の発言、世界規模のニュースなどを分析して、これまで盛り込んだ状況の変化や今後の変化の兆しを見極めていく作業になります。

ファンダメンタル分析の利点は、相場の流れ(トレンド)を生み出している材料をはっきりと認識できることです。材料がはっきりすると、その状況の変化などにも対応しやすくなります。また、指標やニュースは、その材料が出た直後から大きな値動きになることがありますが、そうした材料を受けた短期間な変動にも対処しやすいという利点があります。

その一方で、限界もあります。個人投資家の場合、特に問題になるのが情報のニューススピードでしょう。プロのディーラーは、銀行のディーリングルームなどで、ロイターやブルームバーグといった通信社から送られてくる世界の情報を、一般人よりいち早く知ることができます。

為替に影響を与えるような大きなニュースは、その後、テレビや新聞などで確認できますが、即時情報という面では、やはり個人ではどうしても不利になります。

もっとも、最近は、取引に必要な情報が載ったインターネット上のサイトも充実してきています。そうした中には一般に公開されているものもあり、情報面での不利はだいぶ解消されています。ただし、情報を入手できたとしても、日々の短期的な動きがそれで全て決まるわけではありません。日中の短期的な上下動は、例えば大口の投機的な注文などに反応して起こる場合も多く、ファンダメンタル分析では説明が難しいことがほとんどです。

中期的な動きにしても、限界がないわけではありません。ファンダメンタル分析の大きな材料の一つである経済指標は、データを集めると言う性質上、発表と実際の景気情報との間にタイムラグが生じ、実際の経済状況の変化による需給面の変化に気づくのが遅れてしまうのです。

こうしたファンダメンタル分析の限界も理解しながら学んでいけば、より実践に役立つ分析ができるようになるのではないかと思います。

参考になさってください。

論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>最新のFX比較口コミランキングはこちら

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP