TOPページ > FXの基本「初心者がついやってしまう両建てとは?」

FXの基本

「初心者がついやってしまう両建てとは?」

同一業者、同一通貨ペアで、買いポジションと売りポジションの両方を同時にもつことを「両建て」といいます。初心者はついついこの両建てをしてしまう傾向があります。

たとえば、日本円/米ドルの買いポジションをもっているときに、円高で損失が膨らんだとします。

このときに売りポジションをもてば、たとえ円高になっても、買いポジションの損失を売りポジションの利益が相殺して、2つのポジションの合計損益は変動しなくなります。

しかし、FXでは最終的にポジションを決済しなければいけません。しかも、もらうより支払うスワップポイント(SP)が多いのが一般的なので、損益を固定しても、SP差額分の証拠金は減っていきます。

そもそも円安になると思って買いポジションをもったのに、売りポジションをもつのは自己矛盾的な行動です。

もし売りポジションをもつなら、買いポジションを決済しなければ、売りポジション自体の利益が出ないことにも留意すべきです。

損失が拡大したら「損切り」が必要です。

「両建て」をしても損失の解消にはならないので、やる必要はありません。

両建てをすると利益と損失が相殺され、そのポジションをもつこと自体が無意味になるため、「両建て」を禁止するFX業者のほうが多いです。

参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較はこちら

FXの基本

トップページ
2019年10月のFX比較口コミランキング
2019年10月のFX比較まとめ
FXの基本

目次

トップページ
2019年10月のFX比較口コミランキング
2019年10月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP