TOPページ > FXの基本「指値&逆指値を同時に発注するOCO注文」

FXの基本

「指値&逆指値を同時に発注するOCO注文」

FXならではの応用的な注文方法「IFD注文」「OCO注文」「IFO注文」「トレール注文」を紹介しています。前回は「IFD注文」でしたが、今回は「OCO注文」ですね。

>>>一度に新規&決済注文ができるIFD注文

OCO注文は、「One cancels the other(どちらかが約定したらもう一方をキャンセルする)」の略で、指値注文、逆指値注文を同時に出し、どちらかか約定したら、もう一方の注文を自動的にキャンセルする注文方法です。

新規注文、決済注文のどちらでも使用できます。

たとえば、米ドル/日本円の新規注文時であれば「ここまで円高になったら買いの新規注文(指値注文)をしたいけど、逆にここまで円安になっても買いの新規注文をしたい(逆指値)」といった使い方が可能です。

すでにポジションをもっている場合であれば、「ここまで円安になったら利益確定(指値)したいけど、逆にここまで円高になったら損切り(逆指値)したい」といったような場合に使うと便利です。

決済にOCO注文を使えば、いくら相場が動いても指値注文と逆指値注文のどちらかの注文にかかって約定するので、長時間パソコンから離れていても損益の幅をコントロールすることが可能になります。

業者によっては、「OCO注文」と呼ばずに、ツイン指値、W指値など独自の呼び名をつけていることもあるので、混乱しないようにしましょう。

ふたつ注文を出せるので便利です。

参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較はこちら

FXの基本

トップページ
2019年10月のFX比較口コミランキング
2019年10月のFX比較まとめ
FXの基本

目次

トップページ
2019年10月のFX比較口コミランキング
2019年10月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP