TOPページ > FXの基本「不利なレートをわざわざ指定する逆指値注文」

FXの基本

「不利なレートをわざわざ指定する逆指値注文」

「逆指値注文」は文字どおり、指値注文とは「逆」に、現在より不利なレートを指定する注文方法です。

指値注文のように、「安く買う」「高く売る」レートではなく、その逆になる「高く買う」「安く売る」レートを指定します。このようにわざわざ不利な条件で注文するわけです。

では、どんなときに使うのでしょうか。

もっとも多い用途は、「損切り(ロスカット)」です。つまり、指定したレート以上に損失を拡大させたくないときに使います。

実際にFXを始めると実感できると思いますが、ポジションをもつと、損失を確定させる注文を出すのが難しい現実に直面します。

多くのトレーダーは、損失確定を先延ばしにして損失を拡大させてしまうのです。

そこで、これ以上損をしたくないというレートに、あらかじめ逆指値注文を入れて、自動的に損切りを行うようにしておくわけです。

FXにおいて勝つには、いかに「損切り」できるかがカギになります。「逆指値注文」を使って、上手に損失の砿大を防ぎましよう。

参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較はこちら

FXの基本

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP