TOPページ > FXの基本「言うは易く行うは難し、損切りは難しい」

FXの基本

「言うは易く行うは難し、損切りは難しい」

FXに関する説明には、必ず「損切りは素早く行いましよう」「損切りをきちんとすることが大切です」と書いてあります。

そのためにFXを始める段階で、損切りの重要性を知らない人はほとんどいません。

FXで損する人は損切りの重要性を理解していても、実行できていません。

「言うは易し」ですが、「行うは難し」なのです。

行動経済学の考え方に「プロスペクト理論」というものがあります。

これは、人間は利益に対して利益が手に入らないリスクを回避することを優先する一方、損失には損失を回避しようとする傾向があることを示したものです。

つまり、損失を確定させる行為である「損切り」を避けるために、ついつい損切りのタイミングが遅れがちになるのです。

もっといえば、人間には利益には保守的に、損失には博打的な行動をとる傾向、つまり「損大利小」の傾向が備わっているのです。

プロスペクト理論は、2002年にノーベル経済学賞を受賞した行動経済学者ダニエル・カールマンらによって提唱された。

参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較はこちら

FXの基本

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP