TOPページ > FXの基本「外国為替市場はどこにあるの?」

FXの基本

「外国為替市場はどこにあるの?」

「本日のニューヨーク為替市場では1ドル80.00円で取引されています」といったように、テレビのニュースで「外国為替市場」という言葉をよく耳にします。

このとき、「本日の東京証券取引所では日経平均株価が〜」と、株式市場の動きもあわせて報道されます。

株式は東京・日本橋兜町にある東京証券取引所で売買されていますが、東京外国為替市場は、どこにあるのでしょうか。

じつは、通貨取引には証券取引所のような場はありません。銀行などの金融機関同士で電話やネットを通じて取引が行われているのです。

この銀行間で行われるやりとりが「インターバンク市場(銀行間市場)」と呼ばれ、このインターバンク市場を指して、「外国為替市場」と呼んでいます。

なお、世界中にある為替市場のなかでも世界3大市場は、ニューヨーク為替市場、ロンドン為替市場、東京為替市場になっています。

これらの市場が動き出すと為替取引が活発になります。

では、個人トレーダーはどのようにして為替取引に参加しているのか簡単に説明しましょう。

個人トレーダーは直接、インターバンク市場で取引するのではなく、銀行間市場に参加する金融機関とやりとりするFX業者を通じて取引をします。

つまり、FX業者と1対1で取引している関係です。これを「相対取引」、「店頭取引」などといいます。

参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較はこちら

FXの基本

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP