TOPページ > FXの基本「かつて主流のスウィングトレードが廃れた理由」

FXの基本

「かつて主流のスウィングトレードが廃れた理由」

現在はスキャルピングを中心とする短期のトレードが主流ですが、かつては、比較的長い時間ポジションを保有するスウィングトレードが主流だったことがありました。

2008年9月にリーマンショックが起こると世界経済は減速、欧米などの主要国は軒並み政策金利を引き下げました。

リーマンショック以前は、デフレで金利が低かった日本以外の国は、金利が高く、しかも円安トレンドでした。

金利差が大きかったため、スワップポイントが現在より大きかったので、外貨を買う取引をすれば、円安になることで為替差益を得られるだけでなく、多額のスワップポイントにより金利収入を得られたわけです。

しかし、リーマンショックを境に日本円と他通貨との金利差が縮小、円安トレンドが円高トレンドに転換したため、この手法は通用しなくなりました。

なぜ、過去のことを説明したのかというと、トレード手法にも栄枯盛衰があり、相場の流れが変わると、トレード手法を変える必要があるからです。

参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較はこちら

FXの基本

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP