TOPページ > FXの基本「強制ロスカットとは?」

FXの基本

「強制ロスカットとは?」

FXでは、一度ポジションをもつと、基本的に自分で決済するまでは保持できますので、決済するまでは利益も損失も確定しません。

自分の意思で損益を確定させるのが基本です。

しかし、例外があります。それが「強制ロスカット」いう制度です。具体的には、トレーダーの損失を一定の範囲に抑えるため、損失が発生して証拠金維持率が一定水準を下回ると、FX業者によって強制的に決済が行われます。

こうすることでトレーダーが預け入れた証拠金以上の損失が出ないようにしています。

強制ロスカットの執行基準は、FX業者によって一律ではありませんが、一般的に証拠金維持率40%〜100%を下回った場合に執行されることが多く、業者によっては30%、40%、50%などと投資家が設定できる場合もあります。

なお、強制ロスカットが執行される前に「マージンコール」と呼ばれる注意喚起が行われるのが一般的です。

「強制ロスカット」が発動される前に、自らロスカットすることが重要です。

参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較はこちら

FXの基本

トップページ
2019年10月のFX比較口コミランキング
2019年10月のFX比較まとめ
FXの基本

目次

トップページ
2019年10月のFX比較口コミランキング
2019年10月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP