TOPページ > FXの基本「証拠金率とは?レバレッジとは?」

FXの基本

「証拠金率とは?レバレッジとは?」

FX取引には「証拠金率」というものがあります。

トレーダーがFX業者に差し入れる担保の割合を示すのが「証拠金率」です。必要証拠金率が4%であれば投資額に対し、4%の証拠金を用意する必要があるということです。

たとえば、米ドルを1枚(1万米ドル)取引するとします。このときの必要証拠金は1万米ドルの4%である400米ドルです。つまり1米ドル=80円であれば、3.2万円(400米ドル×80円)が必要証拠金になります。

この証拠金率が低いほど、少ない担保で済むので、より高いレバレッジで取引することが可能になります。

また、必要証拠金率がわかれば、最大レバレッジがわかります。「100%」を証拠金率で割った数字が最大レバレッジです。証拠金率4%であれば、100÷4(必要証拠金率)=25なので、最大レバレッジが25倍とわかります。

2011年9月から最大レバレッジが50倍から25倍になったのは、証拠金率で説明すると、「従来の2%以上から4%以上の必要証拠金率に変更になった」と言い換えることができます。

参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較はこちら

FXの基本

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP