TOPページ > 本気で始めるFX〔実践編〕「高金利とはいえなくなった豪ドル」

本気で始めるFX〔実践編〕

「高金利とはいえなくなった豪ドル」

オーストラリア(豪州)は鉄鉱、ボーキサイト、石炭といった豊富な鉱産資源に恵まれるとともに、小麦、羊毛、牛肉など農畜産物も輸出する世界有数の資源国です。

豪ドルは何といっても、高金利通貨としてのイメージが強い通貨です。現在の政策金利は史上最低のレベルまで引き下げられていますが、それでも他の主要通貨と比べて相対的に高い金利レベルといえます。

豪ドル政策金利はリーマンショック前には、7.25%まで上昇していました。

リーマンショックで豪ドルは対円と対ドルで急落し、その直後RBA(豪州準備銀行)は景気減速懸念から政策金利を3%まで引き下げました。その後市場が落ち着きを取り戻したことで引き締めに転じたものの、再び緩和政策に戻し現在に至ります。

それまでの豪ドルは政策金利の高さに惹きつけられ、市場は圧倒的な豪ドル買いポジションに偏っていました。豪ドルの金利が引き上げられるほど豪ドルの買いが集まるという、金利主導の通貨でした。

しかし、既に金利レベルは以前のような高金利とはいえません。

高金利通貨にはじりじりと時間をかけて上昇し、下落する時は一気に下げるという特徴があります。

最近の豪ドルはそのような特徴は薄まり始め、むしろディーリング通貨としての特徴が目立ちます。

対ドルと対円などのスプレッドも縮小し、特にアジア市場ではユーロなどよりもスプレッドが狭く、デイトレードが盛んに行われるようになりました。

参考になさってください。

論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較ランキング

本気で始めるFX〔実践編〕

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
本気で始めるFX〔実践編〕

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP