TOPページ > 本気で始めるFX〔実践編〕「ポンドの基本的な変動要因」

本気で始めるFX〔実践編〕

「ポンドの基本的な変動要因」

ポンドの基本的な変動要因としては、次の2つが考えられます。

・BOEの金融政策

・ユーロポンドの動き


ポンドはイギリス中央銀行(BOE)の金融政策決定会合が最も注目されますが、その他の経済指標で動くことはあまりありません。

米国やユーロ圏の経済指標や要人発言などに、むしろ反応しやすい通貨です。

また、ロンドン市場の為替取引規模は世界で最も大きく、特に中東勢などの投機筋がイギリスの銀行をよく使うため、ロンドン市場の始まる日本時間の夕方5時(冬時間)頃やニューヨーク市場が始まる夜8時頃(冬時間)などの時間帯が、 特に値動きが活発になります。

欧州市場ではユーロのリスクが高まるとポンドを買い、反対にユーロのリスクが低下するとユーロを買いポンドを売るという動きがみられます。

しかし、ポンドが危ないからといって、ユーロを買ってポンドを売るということは滅多にみられません。それは、ユーロの流動性がポンドよりも3倍以上あるため、ポンドからユーロへの影響が限られるためです。

ポンドは円などのクロス通貨によっては流動性が低下することから、日中でも数円単位で動くことがあります。特に欧州時間以外の時には取引自体が少なくなるため、短期取引では注意が必要ですが、それだけチャンスも多いといえます。

なお、イギリスは北海原油を中心に石油や天然ガスの生産国でもあり、原油価格との連動性もみられます。

加えてしばらくはブレグジットに関する動きがポンド相場に大きく影響を与えていくものと思います。

参考になさってください。

論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較ランキング

本気で始めるFX〔実践編〕

トップページ
2019年10月のFX比較口コミランキング
2019年10月のFX比較まとめ
本気で始めるFX〔実践編〕

目次

トップページ
2019年10月のFX比較口コミランキング
2019年10月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP