TOPページ > 本気で始めるFX〔実践編〕「ポンドの特徴」

本気で始めるFX〔実践編〕

「ポンドの特徴」

英国の通貨であるポンドは、かつて基軸通貨として世界で最も力のある通貨でした。

ところが第1次世界大戦や世界恐慌を経て、第2次世界大戦が終わる頃には英国経済は衰退し、国際的な信用力も失せていました。

それに代わって、巨大な力を獲得した米国のドルに基軸通貨としての地位が移ったのです。

かつてのポンドの力は失われましたが、その名残は今も健在で、多くのクロス取引が活発に行われています。

かつての大英帝国の植民地は英連邦(ブリティッシュ・コモンウェルス)として、今でも英国と密接な関係があります。

カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ連邦などが英連邦の代表的な加盟国となります。

欧州のディーラー達は今でも当たり前のように、ポンドと様々な通貨とのクロス取引を行います。

こうした位置づけがブレグジットによってどう変わるのか気になるところではありますが。

参考になさってください。

論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較ランキング

本気で始めるFX〔実践編〕

トップページ
2019年10月のFX比較口コミランキング
2019年10月のFX比較まとめ
本気で始めるFX〔実践編〕

目次

トップページ
2019年10月のFX比較口コミランキング
2019年10月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP