TOPページ > 本気で始めるFX〔実践編〕「ユーロドルの主な変動要因」

本気で始めるFX〔実践編〕

「ユーロドルの主な変動要因」

ユーロドルの動向をみる上で最も重要なポイントは、FRBとECBの金融政策の違いです。

元々G7などの主要国は、金融政策で米国と協調するコンセンサスがあったものが、サブプライムローン問題が広がり始めた頃から政策のずれが目立つようになりました。

例えば、2007年の9月から米国は引き締めから緩和政策に転換しました。しかし、ECBはむしろその頃は引き締めを強化するなど、真逆の政策を行いました。

そして、2008年の7月にはECBは政策金利を過去最高の4.25%まで引き上げました。

その後の9月にリーマンショックが起こると、FRBに続きECBも緩和政策に転換しましたが、それまでの政策ギャップがユーロドル上昇を引き起こしたといえます。

2013年5月にFRBが主要国に先行して量的緩和終了の動きに向かい始めたのに対し、ECBは緩和政策時期を延長しました。当時のヨーロッパでは債務問題が重くのしかかっていたため、このような政策の違いが出てくるのは当然ですが、為替相場=ユーロドルにも大きな影響を及ぼすこととなりました。

参考になさってください。

論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較ランキング

本気で始めるFX〔実践編〕

トップページ
2019年10月のFX比較口コミランキング
2019年10月のFX比較まとめ
本気で始めるFX〔実践編〕

目次

トップページ
2019年10月のFX比較口コミランキング
2019年10月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP