TOPページ > 本気で始めるFX〔実践編〕「今後の米国とドルの見通し」

本気で始めるFX〔実践編〕

「今後の米国とドルの見通し」

米ドルに影響を与える主な要因には、以下の3つがあります。

・FRBの金融政策

・米国の財政問題

・ニューヨーク株式市場の動向

米当局は2012年9月に量的緩和第3弾(QE3)を決定。450億ドルの追加長期国債購入を決めるなど、過去最大の金融緩和を実施しました。 さらに2015年半ばまで異例の低金利政策を継続するといった時間軸を廃止。それに替わり、インフレ見通しが2.5%を下回ることを条件に失業率が6.5%に落ち着くまで、異例の低金利政策を継続することを発表しました。

米国経済は住宅市場を中心に回復傾向が高まるなど、一時期の悲観的なムードは後退。FOMCでは2015年半ばまでは本格的な景気回復はないとの基本的な見方がありました。

しかし、その後アメリカ経済は順調に回復し、2016年には金利の引き上げが行われ、量的緩和も縮小する時期が近づいています。

長期金利が上昇し、今後金利差からのドル高傾向に入るとの見通しが立てられます。

ただ、実際には米当局の金融緩和縮小ペースはそれほどでもないという見方が強く、金利上昇は落ち着いています。

また長期金利上昇は住宅ローン金利などの上昇を招くことで、せっかく持ち直しかけた景気に水を差しかねません。

したがって、今後も長期金利の上昇はある程度のレベルで抑えられ、同時にドルの上昇も抑えられることになりそうです。

そして本格的にインフレ懸念が出始めれば金融引き締め政策へ転換という段階を踏みながら、時間をかけて進むことになるでしょう。

参考になさってください。

論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較ランキング

本気で始めるFX〔実践編〕

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
本気で始めるFX〔実践編〕

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP