TOPページ > 本気で始めるFX〔実践編〕「米ドルは今後も基軸通貨であり続ける」

本気で始めるFX〔実践編〕

「米ドルは今後も基軸通貨であり続ける」

米ドルは基軸通貨として世界で最も取引されています。

ドル絡みの為替取引は世界シェアでみると圧倒的に大きく、当然市場が注目する経済指標や金融政策、要人発言などの殆どが米国のものになります。

基軸通貨となるにはその国の信用力が国際的に高い必要があり、それには米国のように軍事力や経済力、そして政治力などが際立って強い国であることが条件となります。

しかし、米国は財政赤字の拡大が大きな問題となり、財政支出を抑えるために軍事費も削減傾向にあります。

近年、中国やロシアからはIMFのSDRや中国人民元といった米ドルに代わる基軸通貨を創設すべきとの意見が出るなど、将来的にはドルの力が弱まるとの観測も少なくありません。

しかし、SDRや中国人民元が基軸通貨としての条件を満たすことは今のところ考えられません。

ユーロもいずれはドルに代わる基軸通貨として期待されましたが、欧州債務危機の影響が長期にわたるとみられることなどからその可能性は低く、基軸通貨としての米ドルの地位が衰えようと米国中心の相場は今後も続くとみてよいでしょう。

参考になさってください。

論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較ランキング

本気で始めるFX〔実践編〕

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
本気で始めるFX〔実践編〕

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP