TOPページ > 本気で始めるFX〔実践編〕「金は素材そのものに価値がある安全資産」

本気で始めるFX〔実践編〕

「金は素材そのものに価値がある安全資産」

金価格は米国の動向ばかりではなく、欧州債務問題など世界的なリスクの高まりなどにも影響されます。

世界的なリスクの高まりや米国への信頼の低下などの懸念が意識されると、安全資産としての金の買いが強まります。

一方で、リスクの後退は金からリスク資産へシフトする動きにつながります。

金が下落すると、当然金産出国である資源国通貨の売りにつながります。

一般的に資源国通貨は、政策金利も他国と比較して相対的に高金利のところが多くみられます。それが金の下落によって、金利下落傾向が出てきます。

これらの資源国通貨は主要通貨と比較して流動性が低く、上昇時は時間をかけて上がるものの下げが始まると一気に下がるという特徴があります。

金価格の動向を色々な状況と併せてみるようにすると、このようなリスク通貨の動向もみえてくるようになります。

金価格は、それまで300ドル付近でもみ合い続いていたものが2004年頃から上昇が始まり、2011年には史上最高値となる1,900ドル台まで上昇しました。

どの時代でもバブルは必ずどこかでその修正の動きが入るものです。

その後の金価格の急落は世界経済減速やデフレ進行を示すサインという見方もあります。

しかし、米国景気回復の兆しが強まり流動性相場が後退する中で、金という投資資産の価値が下がり始めたということは、むしろ世界経済にとっては明るい兆しともいえます。

量的緩和が終了に向かうということは、金の下落が今後も続くと予想することもできます。

それは同時にドル上昇トレンドが継続するという見方にもつながります。

参考になさってください。

論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較ランキング

本気で始めるFX〔実践編〕

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
本気で始めるFX〔実践編〕

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP