TOPページ > 本気で始めるFX〔実践編〕「金価格と為替相場との関係」

本気で始めるFX〔実践編〕

「金価格と為替相場との関係」

金(ゴールド)は元々金本位制の時代には、米ドルと固定相場制になっていました。

今でもドルが弱まれば金が買われ、ドルが強くなれば金が売られるという逆相関関係が成り立ち、金はドルの代替通貨としてみられています。

特に、リーマンショック以降はドルの基軸通貨としての価値が下がったことで金が大きく上昇してきました。

しかし、米国の景気回復基調が現れ始めると量的緩和解除の動きから、これまでの世界的な流動性相場がピークを打つのではといった思惑もあり、金の上昇にも陰りがみえ始めています。

また、2013年4月にはキプロスが再建計画の中で金準備の一部を売却するとの報道により、金価格は下落に転じました。

元々、金売却の話はロシアなども過去何度かありましたが、今回の下落は流動性相場の変化によるへッジファンドのポジション調整の動きなども要因とみられます。

参考になさってください。

論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較ランキング

本気で始めるFX〔実践編〕

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
本気で始めるFX〔実践編〕

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP