TOPページ > 本気で始めるFX〔実践編〕「各国の中央銀行/フェッド(米国)」

本気で始めるFX〔実践編〕

「各国の中央銀行/フェッド(米国)」

基軸通貨ドルを持つ米国の中央銀行にあたるのが連邦準備制度(FRS)です。

通称フェッド(Fed)の動向は為替市場に最も影響を与えるものです。

フエッドは全米12地区ごとに連邦準備銀行が置かれ、それを統括する連邦準備制度理事会(FRB)のトップの議長ら理事は、大統領によって任命されます。

為替市場へ最も影響を及ぼす発言者として注目される一人がこのFRB議長です。

フエッドは年8回、約6週間ごとの火曜日にFOMC(公開市場委員会)を聞き、公開市場操作の方針や政策金利であるFF(フェデラル・ファンド)金利の誘導目標、そして景況判断や今後の政策方針等が決定されます。

声明文は開催最終日に公表されますが、その後に議長の記者会見が行われ、その発言にも注目が集まります。

その議事録は3週間後に公表され、メンバーの意見の相違などによっては市場の波乱材料になることもしばしばあります。

最近ではこれまでの金融緩和姿勢から金利引き上げを通じて金融引き締めに転じたため、ドルだけではなく債券市場にも大きな影響を与えています。

米国の金融市場動向に注目が集まっています。

参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較ランキング

本気で始めるFX〔実践編〕

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
本気で始めるFX〔実践編〕

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP