TOPページ > 本気で始めるFX〔実践編〕「物価関連指標/個人消費支出(PCE)デフレーター」

本気で始めるFX〔実践編〕

「物価関連指標/個人消費支出(PCE)デフレーター」

経済指標は「雇用」「物価」「貿易・国際収支」「住宅」「生産」「景気・消費」など分野別に分けられます。

<物価関連の指標>

3.個人消費支出(PCE)デフレーター

FRBが半期に一度、インフレ見通しとして発表する数字がこのコア指数(エネルギーと食料を除いたもの)で、GDPを構成する1つです。

歴代議長はPCEデフレーターが1〜2%の範囲内が望ましいと発言したことで、インフレを予想する上で重要な指標となっています。

PCEに対しCPIは、価格変化に伴う消費者の購買行動が考慮されていません。

消費者は一般的に価格が下がればたくさん買う傾向があるため、CPIの数字がPCEよりも高くなってしまいます。

また、CPIは消費者が直接支払う支出であるのに対し、PCEは企業や国による消費者のためになされた支出も含むなどの違いもあります。

そのため、若干の数字の違いは現れるものの長期的にみると殆ど同じ動きになります。

参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較ランキング

本気で始めるFX〔実践編〕

トップページ
2019年10月のFX比較口コミランキング
2019年10月のFX比較まとめ
本気で始めるFX〔実践編〕

目次

トップページ
2019年10月のFX比較口コミランキング
2019年10月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP