TOPページ > 本気で始めるFX〔実践編〕「米国経済指標が市場に対し最も影響」

本気で始めるFX〔実践編〕

「米国経済指標が市場に対し最も影響」

様々な経済指標の推移をみることで、その国のファンダメンタルズを判断していきます。

経済指標の中では米国経済指標が最も注目され、それだけに市場への影響は大きくなります。

その次はユーロ圈の指標で、中でもドイツの指標はユーロ圈以上に注目されます。

市場の注目度はその時代によって変化していきます。

最近では経済成長が著しい中国の指標が注目されるようになりました。

また、経済指標にも流行というものがあり、その時々で注目される通貨の国の経済指標に注目が集まることもあります。

例えば最近では日本銀行に対し追加緩和政策を強化させようとする圧力が増し、円安が進行しました。

その過程で日本の貿易収支や消費者物価などへの注目度が高まりました。そのような時には、他の国の指標への関心が一時的に低下することもあります。

為替にどの指標がどの程度影響するのかは、このような力学も知っておく必要があります。

参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較ランキング

本気で始めるFX〔実践編〕

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
本気で始めるFX〔実践編〕

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP