TOPページ > 本気で始めるFX〔実践編〕「一目均衡表で相場の弱気・強気の転換点を見る」

本気で始めるFX〔実践編〕

「一目均衡表で相場の弱気・強気の転換点を見る」

一目均衡表は価格変動よりも時間の変化に重点がおかれたもので、トレンドの終わりや始まりを時間から捉えようとするものです。

均衡表といわれるだけに、長期の動きに対し短期の変化を併せてみることで相場の強気と弱気、売りと買いの均衡が崩れるポイントを探ろうとするものです。

海外投資家の間でも大変人気が高く、無視できないテクニカル指標となりました。

・一目均衡表のしくみ

一目均衡表はローソク足チャートを基本とし、次の5つの補助線で構成されます。

1.基準線 : 当日を含む過去26日間の高値と安値の平均値

2.転換線 : 当日を含む過去9日間の高値と安値の平均値

3.先行スパン1 : 基準線と転換線の平均値をとり、当日を含めて26日先行させたもの

4.先行スパン2 : 当日を含む過去52日間の高値と安値の平均値をとり、当日を含めて26日先行させたもの

5.遅行スパン : 当日の終値を当日も含めて26日遅行させたもの

上昇トレンドの時には実勢レートが一番上にあり、その下に転換線→基準線の順に並びます。

下降トレンドの時は基準線が一番上で、その下に転換線→実勢レートの順に並びます。

この基準線と転換線が交差し、上下が入れ替わる時を相場の均衡が崩れる時と判断します。

転換線が基準線を下から上に抜けば好転で、下降トレンドから上昇トレンドに変わる時です。

反対に転換線が基準線を上から下に抜けば逆転で、上昇トレンドから下降トレンドに変わる時です。

この入れ替わりのタイミングとその時の実勢レートの位置に注目します。

参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較ランキング

本気で始めるFX〔実践編〕

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
本気で始めるFX〔実践編〕

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP