TOPページ > 本気で始めるFX〔実践編〕「ボリンジャーバンドの見方」

本気で始めるFX〔実践編〕

「ボリンジャーバンドの見方」

ボリンジャーバンドは移動平均線を中心として、その上下のバンドを実勢レートの動く目安として予測しようとするもので、逆張りでの使用が基本となるテクニカル指標です。

中心線と4本のバンドは、レジスタンスやサポートになりやすい性質があります。実勢レートが概ね±2σのバンド内で上下しているのがわかります。一般的には±2σのバンド幅を使い、バンド付近では逆張りで攻めるのが基本です。

利食いのタイミングは中心線か反対側の±2σ付近ですが、中心線の手前の±1σで下げ止まるようであれば、勢いがないとみて直ちにポジションを手仕舞う方が安全です。

逆にトレンドに沿った方向への勢いが強いと判断すれば、±1σをバックに反対のポジションを持つのも一手です。

±2σに到達した時にすぐに逆張りをはると、馴しにあうことがあります。

損切りのタイミングは、過去にどの程度バンドをはみ出したかをチェックし、そのはみ出した値幅を超えるようであれば損切りを入れるようにします。

±2σのバンドをブレイクアウト(突き抜ける)した後は、保ち合いから放れたことを意味しますので、逆張りから抜けた方向へ順張りのポジションを持つようにします。

95%の確率で収まる保ち合い圏から放れるということは、上昇か下降のどちらかのトレンドが始まるということになります。

また、バンドウォーク(バンドに沿った動き)が継続する時は、上昇時でも下降時でも±1σか中心線がサポートになりやすいという特徴があります。

参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較ランキング

本気で始めるFX〔実践編〕

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
本気で始めるFX〔実践編〕

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP