TOPページ > 本気で始めるFX〔実践編〕「天井のパターン」

本気で始めるFX〔実践編〕

「天井のパターン」

ファンダメンタルズ分析が大きな相場の流れを示す灯台の役目とすれば、テクニカル分析は目的地に到達するまでの足元を照らす提灯(懐中電灯)のようなものです。

実戦ではローソク足はパターン分析と組み合わせてみていきます。

基本的なパターン分析には天井パターンと底打ちパターン、保ち合いパターンの3つがあります。

・天井のパターン

天井パターンは、ヘッド&ショルダー、トリプルトップ、ダブルトップ、ソーサートップ、V字トップに分かれます。

1.ヘッド&ショルダー

ヘッド&ショルダーは三尊天井とも呼ばれます。両側に肩を挟み3つの山を形成し、真ん中の山(ヘッド)が最も高くなる形です。3つめのピークを付けた後、ネックラインを下回ると損切りを付けながら下落の速度が速まります。

再度買いが強まる時がありますが、ネックラインを超えられないと本格的な下落につながります。この一時的な戻しをリターンムーブと呼びます。

2.トリプルトップ

トリプルトップはヘッド&ショルダーの変形で、3つの山がほぼ同じレベルで並び、ネックラインを下回ると天井を付けたことを示します。

この時もリターンムーブが入ることもありますが、ネックラインで折り返すようであれば。再び下落するパターンです。

3.ダブルトップ

ダブルトップは2つの山が同じ位の高さで跳ね返されたもので、基本的に前の2つと同じですが、上値を試そうとする動きが残っていることがあります。

そのような時にはネックラインを抜けた後でプラットフォームという短期的な保ち合いを形成することがあります。保ち合いによる時間調整が終わると、結果的に下に放れる可能性の方が高いようです。

4.ソーサートップ

明確なトップを形成せず、お皿のような湾曲した形の天井を形成しながら下落に転じるパターンです。この時も下落途中でプラットフォームを形成することが多くみられます。

トップでは取引が少なく、下落する時には徐々に取引が活発になる傾向があります。

5.V字トップ

V字トップは上昇相場が突然予告なく天井を付けて下落に転じるパターンで、上昇や下降の角度は他の天井パターンに比べて急勾配になる特徴があります。天井にいる時間も極めて短いもので、売り遅れると大きな損失を被ります。

天井圏では売り買いがかなり活発になりやすいものの、上昇時や下落時には出来高が少ない状態となる傾向があります。

参考になさってください。


論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較ランキング

本気で始めるFX〔実践編〕

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
本気で始めるFX〔実践編〕

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP