TOPページ > 本気で始めるFX「金融政策と経済指標」

本気で始めるFX

「金融政策と経済指標」

金融政策が中長期のトレンドに影響を与えるものであれば、経済指標は市場に短期から中期的な影響を与えるものとなります。

金融政策はその国のインフレやデフレに大きく左右されます。景気が低迷すればデフレが強まり、中央銀行は金融緩和を実施してデフレを抑制しようとします。反対に、景気が過熱し始めたとみれば金融引き締めに入りインフレを抑えようとします。

金融当局者は自国の金融政策を決定する上で、特に雇用の動向を重視します。雇用が安定すれば住宅や車などを購入し消費が高まります。

結局、それら経済指標は各国のファンダメンタルズを表すものであり、金融当局者はそれをみながら金融政策を決定することになります。

市場は前もって指標の予想を行い、その予想とは異なる数値が発表された場合には反応します。

その反応は一般的に短期的なポジションの動きを誘発させるものとなります。例えば失業率などをみても、一度の発表で金融政策が決まるわけではなく、他の指標とも併せてみていくもので、それも 数か月のトレンドをみないとわかりません。

したがって、反応は一時的なもので終わることが多くなります。

論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較はこちら

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP