TOPページ > 本気で始めるFX「ドルストレート取引とクロス円取引」

本気で始めるFX

「ドルストレート取引とクロス円取引」

為替取引の世界では、対ドルとの収引をストレート取引と呼び、ドル以外の通貨同士の取引をクロス取引と呼びます。

ちなみに、ユーロ円、ポンド円といった日本人に最も多い円を介した収引通貨ペアを特にクロス円と呼びます。

表示される通貨ペアは、かつてと違いドルとポンド、ドルと円など主要通貨の殆どのものは為替市場でも直接取引されています。

しかし、実際に貿易などの取引が殆どないマイナーな通貨同士などは、インターバンクでは2つの通貨ペアのクロス収引で作ることもあります。

例えば、南アランド(ZAR)とニュージーランドドル(NZD)のクロス取引は、実際には殆ど出合いません。そこで、ドル/ランドとニュージーランドドル/ドルを別々に取引して、ニュー ジーランドドル/ランドのクロスレートを導き出します。

南アランドに対してニュージーランドドルを買いたい時には、NZD/USDを買ってUSD/ZARを売り、NZD/ZARのレートを作ることができます。

計算式はドルを相殺させるようにすればよいので、次のようになります。

 NZD/USD × USD/ZAR

ドルが先頭にならない通貨ペアは、ドルが先頭の通貨に対し掛け算してクロスレートを計算するため、これらの通貨ペアを掛け算通貨と呼んでいます。

ドルが右側にくる通貨は割り算してクロスレートを計算するため、割り算通貨と呼んでいます。

要するにドルを相殺するのに掛け算か割り算をするわけです。このような為替の世界の慣習を知ることはFXを理解する上で極めて重要です。

論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較はこちら

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP