TOPページ > 本気で始めるFX「通貨記号と通貨ペアの表示方法は?」

本気で始めるFX

「通貨記号と通貨ペアの表示方法は?」

ドル円とかユーロドルといった通貨ペアの表示は、インターバンク間ではアルファペット3文字の略称で表します。

新聞やテレビなどのメディアではドル円か上昇すると円安、下落すると円高といったように円を中心に為替の話をすることが多くみられます。

それは一般的にわかりやすいのですが、インターバンク取引でドル円の動きを示す時には、ドル高とかドル安というようにドルが中心となります。

したがって、FX取引の通貨ペアの表示でも、ドルを中心として見るために「円ドル」ではなく「ドル円」となります。

これは基軸通貨のドルを中心に主な取引が行われている慣習の名残ともいえますが、それだけではありません。

ドル円は1ドルが100円なら、100(円)÷1(ドル)という式で計算します(これを自国通貨建てといいます)。

これを円ドルで表示すれば1(ドル)÷100(円)という計算になり、1円は0.01ドルとなります(これを他国通貨建てといいます)。レートは常に変化することから、この表示では大変間違いやすくなってしまいます。

そのため、通貨ペアの表示はその国の力関係だけではなく、習慣的に価値の高い通貨が通貨ペアの頭になるように決まってきたと考えられます。

ユーロが誕生した時も、対ドルでユーロが頭となるユーロドルで表示することが決まりました。

最初の出合いレートは1ユーロ=1.18ドルと、ユーロがドルよりも価値が高いことを示すものでした。それでは1ユーロが1.0ドルを割り込んだら、表示がユーロドルからドルユーロに変わる かというと、そんなことはありません。慣習として一度決まった通貨ペアの表示は変わらないのが原則です。

他のペアもユーロ/ポンド、ドル/スイス、豪ドル/円、ポンド/スイスというように、そのまま覚えてしまいましょう。

参考になさってください。

※為替相場での通貨表示

・米ドル:USD
・ユーロ:EUR
・英ポンド:GBP
・豪ドル:AUD
・NZドル:NZD
・カナダドル:CAD
・スイスフラン:CHF
・南アフリカランド:ZAR
・シンガポールドル:SGD
・香港ドル:HKD
・韓国ウォン:KRW
・スウェーデンクローネ:SEK
・デンマーククローナ:DKK
・ノルウェークローネ:NOK
・インドネシアルピア:IDR
・ブラジルレアル:BRL
・中国元:CNY
・トルコリラ:TRY
・台湾ドル:TWD
・タイ・パーツ:THB
・フィリピンペソ:PHP
・マレーシアリンギツト:MYR
・メキシコペソ:MXN
・インドルビー:INR
・ロシアルーブル:RUB
・クウェートディナール:KWD

論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較はこちら

目次

トップページ
2019年12月のFX比較口コミランキング
2019年12月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP