TOPページ > 本気で始めるFX「政治力と通貨政策」

本気で始めるFX

「政治力と通貨政策」

為替市場では国際的な政治力が時に大きく影響します。政治力は国力がなければあり得ません。

すべての主要国は自国の輸出を伸ばしたいと願っており、それには自国通貨を安くする必要があります。そのためには金利を引き下げるといった金融政策なども必要ですが、同時に各国に納得してもらう必要もあります。

例えば、円高阻止のために日本が長期間金融緩和政策を行っても、円高の歯止めはかかりませんでしたし、日本の政治家が円高に対しけん制発言を何度行っても、効果はこれまで殆どみられませんでした。

しかし、米国が一言ドル安容認の発言をすれば一気にドル売りが強まります。もちろん同時に金融政策も伴わないといけませんが、日本と米国の政治力の違いは明白です。いかに日本が円高で経済が落ち込んだと訴えたとしても、効果がないと市場ではみられてしまいます。米国に盾つくと日本がそれ以上に困るということを市場は知っているからです。

中国の動きをみてもそれは明らかです。1985年9月のプラザ合意で、ドル円は240円から約2年間で半値の120円まで円高調整が進みました。一方、中国は米国などから中国元の切り上げ圧力を受け、2005年から人民元の切り上げが始まりました。

しかし、人民元のレートは2005年7月の8.2付近から切り下げが始まり、2008年7月の6.8付近まで下落し再びドルペッグに戻す約3年間で17%程度の上昇に留まりました。これは中国と日本の政治力の違いといえます。

しかし、2011年3月の東日本大震災を契機に歴史的な円高が進んだことで、日本も本格的な円高防衛を始めました。G7各国による協調介入に始まり日銀への追加緩和圧力、そしてアベノミクスによる強い日本づくりを目指し始めるなど変化がみられます。このように、政治力も時として為替にも大きな影響を及ぼします。

参考になさってください。

論より証拠!百聞は一見にしかず!習うより慣れろ!という方は、まずはFX口座を開設して、小額の取引を始めてみてはいかがでしょうか。約4円の証拠金で取引を始められるFX口座もあります。

>>>FX比較はこちら

目次

トップページ
2019年10月のFX比較口コミランキング
2019年10月のFX比較まとめ
FXの基本
FXテクニカル分析の基礎
本気で始めるFX
本気で始めるFX〔実践編〕
FXトレーダー体験談
FX取引のタイミング
FXの基礎知識
指標発表を利用したFX取引
クチコミ募集中

FX会社に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気FX会社から順次掲載いたします。

口コミ投稿

PAGE TOP